アルファードを買える年収

トヨタのミニバン「アルファード」は力強いデザインと高級感のあるインテリアが魅力の人気車種です。

若者の間ではモテる車、家族持ちからはファミリーカーとして人気があり購入を考えている人も多いですが、アルファードは新車価格で300万円を超える高級車なので経済的な理由で悩む人が多いです。

車を購入するときにはローンを使うのが一般的ですから手元に300万円が無くても買うことはできますが、毎月の支払いや維持費の問題がありますね。

そこで当記事ではアルファードを購入する前に知っておきたいグレードやパワートレインの選び方、そして目安となる必要な年収や維持費についてまとめていきます!

アルファードをお得に買う方法も紹介しているので購入を検討しているあなたは是非ご覧ください。

スポンサーリンク

アルファードの新車購入層は40~50台が多い

トヨタのアルファード

画像Source:https://toyota.jp/alphard/exterior/

アルファードの新車価格は最も安いベースグレードで300万円、人気グレードの2.5Sや2.5Gになると400万円を超えてオプション代や諸経費を含めた支払総額だと500万円は必要となります。

アルファードの購入層は40~50代の経済的に余裕のある人が中心です。

20~30代の若い人だと新車で購入するのは難しいのが現実です。

若い人でもアルファードに乗ってる人はいますが、ほとんどは中古車で購入しているので、お金に余裕は無いけど絶対にアルファードが欲しいなら中古車を検討してください!

高級感や迫力のあるデザインに加えて両側スライドドアの3列シートなのでファミリーカーとしても使えますしね。

また50代以上の方からは高いステータス性やエグゼグティブラウンジが持つ特別感、高級セダンよりも広々としてくつろげる空間、乗り降りのしやすさなどが評価されています。

rina

アルファードは若い世代からは女性にモテる車としても知られています!

sakura

アルファードで迎えに来てくれたら嬉しいよね(笑)

アルファードの新車価格は350万円から

アルファードは7人乗りと8人乗り仕様がありますが人気なのは2列目が独立したキャプテンシート仕様の7人乗りです。

そこで7人乗りグレードの価格についてまとめました!

駆動方式はすべてFFですが4WDだと約20万高くります。

  • 2.5S:3,757,320円
  • 2.5SAパッケージ:3,926,880円
  • 2.5G:4,206,600円
  • 2.5SCパッケージ:4,383,720円
  • 3.5SC:4,969,080円
  • 3.5GF:5,227,200円
  • 3.5エグゼクティブラウインジS:7,177,680円

最も人気のあるグレードはLEDランプ、シートヒーター、エアロパーツ、アルミホイールなどが標準で付きインテリアにもメッキパーツを採用するなど装備が充実した2.5SCパッケージです。

2.5SCパッケージの新車価格は4,383,720円ですが、その他のオプションパーツや諸経費を含めると支払総額は500万円を超えると考えて下さい。

rina

SCパッケージはシート素材が合皮なので本革にしたいなど更に装備を充実させたいならオプションを付けるのは必須ですからね!

排気量は経済的な2.5Lがおすすめ

新型アルファードは総排気量が2.5Lと3.5Lのエンジンがラインナップされていますが、車両価格と自動車税が安くて燃費も良い直列4気筒2.5Lがおすすめです。

2.5Lでも日本の公道を走るのに必要な加速力や走行性能は十分に得られますからね。

2.5Lを試乗して加速力に物足りなさを感じたら3.5Lを選んでください。

  • 2.5L(2493cc):45,000円/年
  • 3.5L(3456cc):58,000円/年

自動車税だけでも年間13,000円も違いがありますし、2.5Lはレギュラーガソリンですが3.5Lだとハイオクになり燃料代も高くなります。

ガソリン

直列4気筒2.5Lのエンジンスペックと燃費

  • エンジン:直列4気筒
  • 総排気量:2493cc
  • 最高出力:182ps(134kW)/6000rpm
  • 最大トルク:24.0kg・m(235N・m)/4100rpm
  • 燃費:11.4km/L

2.5LエンジンはJC08モードのカタログ燃費で11.4km/Lです。

V型6気筒2.5Lのエンジンスペックと燃費

  • エンジン:V型6気筒
  • 総排気量:3456cc
  • 最高出力:301ps(221kW)/6600rpm
  • 最大トルク:36.8kg・m(361N・m)/4600~4700rpm
  • 燃費:10.8km/L

3.5Lエンジンのカタログ燃費は10.8km/Lなので2.5Lの11.4km/Lとほぼ変わりありませんが、レギュラーとガソリンの価格差10円/Lが燃料代に大きく影響します。

sakura

排気量が1,000ccも違うのに燃費は同じぐらいなんだね。

rina

そう!でも3.5Lだと使用燃料がハイオクになるからガソリン代は高くなることを覚えておきましょう

ガソリンとハイブリッドはどっちが良い?

アルファードのパワートレインはガソリンエンジンとハイブリッドの2種類あり、ハイブリッドは車両価格が30~90万円は高くなります。

同じ2.5LのGグレードで燃費と価格を比較すると以下のようになります。

車両価格 燃費
ガソリンエンジン:G 4,206,600円 11.6km/l
ハイブリッド:G 4,997,160円 18.4km/l

車両価格の差は790,560円で約80万円もハイブリッドは高くなります!

これだけ違う理由としてはモーターとバッテリーなどハイブリッドシステムの追加に加えて、アルファードのハイブリッドは4WDのみということがあります。

では車両価格の約80万円の元を取るにはどのぐらいの年数が掛かるかを計算してみましょう。

例えば1年で10,000km走ったときのガソリン代(1リットル150円として計算)は以下のようになります。

  • ガソリンエンジン:136,364円
  • ハイブリッド:81,522円
  • 1年での差額:54,842円

ハイブリッドなら1年で約5万円もガソリン代がお得になりますが80万円の元をとるには単純計算で16年もかかる結果になります。

ハイブリッドは高速走行時の安定性能を重視していたり、雪国にお住いの方など4WDが欲しい方や新古車・未使用車が安く買えるとき以外はお金の面で考えるとおすすめできません。

もちろんリセールバリューはハイブリッドのほうが高くなりますが80万円の差を取り戻すのは難しいでしょう。

支払総額500万円として購入プランを考える

お金

今回は例として人気グレードの2.5SCパッケージ・新車価格4,383,720円を購入、支払総額500万円を想定して購入プランを検討していきます!

頭金は150万円として以下の条件でローンを組んでみました。

  • 支払総額:500万円
  • 頭金:150万
  • ローン支払金額:350万
  • 金利:1.9%の低金利
  • ボーナス返済:無し

金利はトヨタが定期的に行っている低金利キャンペーン中の1.9%、ボーナス払いについては無しにしているので、あなたの想定しているプランと比較検討しながら見て下さい。

以上の条件で3年(36回)払いで必要になる毎月の支払額は100,096円、利息は103,467円。

5年(60回)払いだと毎月の支払額は61,194円、利息は171,650円になります。

rina

頭民150万円でボーナス払い無しの3年ローンだと毎月10万円を払っていく必要があります。

sakura

頭金を増やすかボーナスで多く払わないと生活が厳しいかも、、、

年収400万だと厳しい

年収400万円台だと毎月の手取りは約20万円なので5年払いでもローン返済金額で6万円が消えると生活に影響を及ぼす恐れがあります。

一人暮らしだと家賃+車ローンで10万円以上は無くなりますし、その他の駐車場代・ガソリン代・自動車保険代を考えると購入は厳しいと言わざるを得ません。

年収400万円代の方は新車ではなく中古車での購入をオススメします。

トヨタ車なら故障の心配はほぼ無く中古車でも安心して乗ることができますからね。

rina

年収400万円で新車のアルファードを買うと生活がカツカツになるかもしれません。

sakura

やっぱり中古で検討しようかな、、、

年収500万でギリギリ

年収500万円台だと毎月の手取りは約25万円なので5年払いで毎月6万円の支払いであれば、なんとか払っていけるのではないでしょうか?

独身で実家暮らしなら無理なく買うことができますが、一人暮らしや小さな子供を持つ家庭だとギリギリといったところですけどね。

頭金を200万、300万円と増やせば毎月の支払いを5万円以下に抑えることができるので、頭金をどれだけ用意できるかが重要なポイントになってきます。

年収600万なら大丈夫

年収600万円台だと毎月の手取りは約30万円なのでローンの支払いで生活が苦しくなることは無いでしょう。

実際にアルファードを新車で購入する方の年収は600万円以上が多いようです。

sakura

私も仕事を一生懸命頑張って出世してアルファードを新車で買えるように頑張ろう!

年収700万円以上なら余裕を持って買えます

アルファードのインテリア

画像Source:https://toyota.jp/alphard/interior/

年収が700万、800万、900万以上あればアルファードを余裕を持って買うことができます。

年収1000万円を超えればプレミアムナッパレザー、電動オットマン、格納式テーブル、シートヒーターなど豪華装備の2列目シートが用意される「エグゼクティブラウンジ」も検討することができます。

エグゼクティブラウンジSの場合、ガソリンエンジンだと3.5Lしかなくハイブリッドとの価格差が少なくなるので静粛性も高いハイブリッドをおすすめします。

  • ガソリン:7,372,080円(燃費:10.4km/l)
  • ハイブリッド:7,502,760円(燃費:18.4km/l)

フルローンで10年払いだと毎月5万円以下の支払になります

頭金の用意が難しく500万円を1.9%の低金利で借りて返済をフルローンで払う場合、7年払いだと毎月63,617円、10年払いだと毎月45,783円の支払い額で済みます。

ただ利息だけで7年だと343,820円、10年だと493,978円も掛かることを知っておきましょう。

定期点検、車検をディーラーできちんと受けていれば10年以上は乗れるのでフルローンも考えたくなりますが、支払年数が長くなるのであなた自身の今後の生活や経済状況を見据えて検討してください。

rina

フルローンならサクラさんでも買えるかもしれませんよ?

sakura

でもフルローンだと利息が高くなるのが気になるよね、、、

頭金の用意が難しいときは残価設定ローンを使おう

残価設定ローン

画像Source:https://toyota.jp/request/payment/tripleassist4/

まとまった頭金の用意が難しい場合は車両価格の一部を残価(3年後や5年後の下取り額)として、残りの金額をローンで払える残価設定型ローンがおすすめです。

例えば残価を200万とした場合は頭金を200万円入れたときと同じような支払プランを立てることができます!

もちろん残価の200万円はローンの返済期間が終わった後に一括払いするか車を下取りに出して返済するか、再度200万円分のローンを組むかを決めなければなりませんが、3年後または5年後の生活や経済状況に合わせて支払方法を選択できるので、近年は残価設定型ローンを組む人がとても増えています。

アルファードは人気車種で高く売れるので残価も高く設定することができ、あなたにあった柔軟な支払いプランを作ることができます。

ローン支払するなら低金利キャンペーンのときに成約する

低金利キャンペーン

当記事ではローンの金利を1.9%にしていますが、さきほども説明したように低金利キャンペーンを開催しているときだけ1.9%となります。

通常はトヨタのディーラーローンを使うと約5%の金利になるのでローンを使う場合は必ず定期的に開催されている低金利キャンペーンのときに成約してください。

例えば350万円を5年ローンで組んだ時の利息は5.0%と1.9%では約30万円も差がついてしまいます!

  • 5.0%:462,959円
  • 1.9%:171,650円

特に車両価格の大きいアルファードではローンでの借入金額も大きくなりがちですから、金利についても見落としが無いようにしましょう。

rina

ディーラーローン以外にも銀行や信用金庫のマイカーローンもあるので、金利を比較しながらベストなローンを組んでくださいね。

維持費はどれぐらいなのか

車は維持費についても考える必要があります。

  • 車検代
  • 定期点検代
  • オイル交換費用
  • 自動車税(2.5Lだと45,000円/年)
  • 自動車保険
  • ガソリン代
  • 駐車場代

これらの主な維持費についてアルファードではどのぐらいになるかを計算していきます。

車検代はトヨタディーラーで受けると約10万円は必要で、定期点検代とオイル交換費用についてはメンテナンスパックに入っていると無料になりますが6か月点検と法的12か月点検とオイル交換を含めて年間で約2万円とします。

自動車保険はドライバーの年齢や補償内容によって大きく変動しますが今回は1年で50,000円とします。

ガソリン代はレギュラー1リットル150円・年間10,000km走行・実燃費を8km/lとして187,500円。

駐車場代は持ち家の方なら必要なくマンションや賃貸の方のみなので今回は0円とさせていただきます。

以上の内容で1年間に必要な維持費をまとめるとこのようになります。

  • 定期点検&オイル交換費用:20,000円/年
  • 自動車税:45,000円/年
  • 自動車保険:50,000円/年
  • ガソリン代:187,500円
  • 合計:302,500円/年

車検は新車購入時から3年後、そのあとは2年に1回必要となるのでリストには含めませんでした。

年間で約30万円、1か月あたり約2.5万円は維持費がかかる結果になりましたが、走行距離でガソリン代は大きく変わりますし、自動車保険も安くすることが可能なので参考としてご覧ください。

rina

車検がある年は年間で約40万円は必要と考えてください!

sakura

車を買っちゃうと維持費ってあまり気にしないけど計算してみると、意外と高いことが分かるよね、、、

お得にアルファードを買う方法

ここまではアルファードの選び方と支払方法について解説してきましたが、次はお得にアルファードを買う方法を解説します!

下取り車を高く売る

アルファードへ買い替えを検討していて現在、所有している車を下取りに出すときには必ず下取り額の相場を調べて下さい。

高く買い取ってもらうことで実質的な値引きができますが、そのためには所有車の下取り相場をあなたが知っておく必要があるのでその方法を解説します。

まずディーラーの営業マンに下取り車の評価をしてもらい査定が終わると、以下のようなやり取りが交わされますが、何も知らないままだと言われた買取額のまま交渉は進んでいきますね。

otoko

今お乗りになられている〇〇ですが、80万円で買取させて頂きます。

zyosei2

そのぐらいなんですね。分かりました!

ディーラーは車を高く買い取ってくれるわけではないので、ほとんどの場合で相場額よりも低く提示されますが相場を知らないことには突っ込むことはできませんね。

ただあなたが相場を知っていると以下のようになります。

otoko

今お乗りになられている〇〇ですが、80万円で買取させていただきます。

zyosei2

〇〇の相場は90万円ぐらいと聞いたんですけど(相場を調べておいてよかった!)

otoko

、、、もう頑張らさせていただきます。

このように相場を知っておくことで下取り額を上げる交渉が簡単にできるようになります。

愛車の相場額を調べる方法はパソコン&スマホから利用できる一括査定サイトを利用することで、わずか1秒後に相場の金額が分かります!


⇒【無料】車査定比較.comはコチラから

また近年はディーラーよりも買取専門店に売る人が多いので、ディーラーではなく他で売る場合は営業マンに一言伝えておきましょう。

ディーラーマンは車を売るのが仕事であって、車を買い取っても成績には関係ないので嫌な顔をされることはありませんからね!

専門店ではディーラーよりも10万円以上高く売れることが多いですし、中には50万円以上も差が付くこともあります。

中古車も検討してみよう

街中では免許取り立てに見える若い人がアルファードに乗っている光景をよく目にしますが、彼らの多くは中古車で購入しています。

故障が少なく信頼性も高いトヨタ車は中古車でも安心して乗り続けられるので、年収が200万円台、300万円台で新車購入が難しい場合は中古車を検討してください。

アルファードは人気車種で中古車市場でも色々なグレードやボディカラーの個体があふれていますからね。

中古車を探すときもネットを使うのがオススメで無料のズバット車販売というサービスでは、希望のグレード・装備・価格などを入力すると、あなたの条件にピッタリあったアルファードを全国から見つけてくれます。

  • 入庫時検査で修復歴無しの車のみ
  • 最長で10年の保証付き
  • 未使用車、新古車も対象に検索
  • エアロパーツなどの希望もOK

まとめ

トヨタの新型アルファードを購入するポイントをまとめました!

  • 人気のグレードはガソリンエンジンの2.5SCパッケージ
  • 支払総額で500万円は必要
  • ハイブリッドで元を取るには20年近く乗り続けなければならない
  • ローンを使うときには低金利キャンペーン開催中に成約する
  • 頭金の用意が難しいときは残価設定型ローンを検討する
  • 維持費をトータルすると毎月約2万円は掛かる
  • 下取り車を高く売ることで実質的な値引きができる
  • 年収200~300万円台なら中古車がベスト

アルファードはローンを組むことで年収に関係なく買うことはできますが、毎月の生活のことを考えると年収500万円以上は欲しいところです。

もう1度、例とした支払プランを見てあなたが考えているプランと比較検討して無理なく購入できるかを考えてください!

  • 支払総額:500万円
  • 頭金:150万
  • ローン支払金額:350万
  • 金利:1.9%の低金利
  • ボーナス返済:無し
  • 支払回数:5年(60払い)
  • 毎月の返済額=61,194円

安く買うためにやるべきこと

最後に安く買うためにやるべきことを、もう1度紹介します。

アルファードへの乗り換えを検討しているなら、必ず愛車の下取り価格を調べましょう!

一括査定サイトを使うと最大10社の買取専門店があなたの愛車の買取価格を競ってくれるので、ビックリするほど高く売れることが分かったおかげで買替できた人がたくさんいます。

高く売ってアルファードに乗り換えたいならは1分のカンタン入力で依頼できる車査定比較.comをぜひ利用してください!


⇒【無料】車査定比較.comはコチラから